インターセプト

寄せる=奪うではない

ボールへの寄せ方が大事だが、ボールによせるときに注意したいのが「寄せる」と「奪う」はイコールではない、ということだ。プレスをかける選手の役割は相手の状況を思くさせて、質の高いパスをさせて、2人目、3人目の選手がボールを奪いやすくすることにある。フットサルではコートがサッカーより小さいので連動する必要があります。

プレスをかけた本人がボールを奪いに行くと、1発でかわされたり、無理に止めようとする場面が多くなりリスクが高い。味方がプレスをかけにいったら、他の選手は連動して、次にボールがどこにいるのか予測しながらインターセプトをする。

逆に構えてパスを出させる

インターセプトをするには、ボールを持っている選手がどこにパスを出すのかを読むことが必要になる。そのために、相手の利き足 や身体の向きをよく見よう。ただし、パスが出る前に動いたり、マーカーとの距離を近すぎず前にで裏を取られるリスクが大きくなってしまう。くっつきすぎず、足を出せば触れる距離に構えておいて、ボールが出た瞬間にカットを狙おう。わざと逆に構えておいて、パスを出させるように仕向けてカットするという方法もある。相手と駆け引きをしながら守れるようになれば、インターセプトの確率はアップするだろう。

CHECK1  体の向きをチ工ツクする

ポ−ルを持った選手が右側を向いていたら、パスが出てくる確率の高いサイドの選手がマーカーとの距離を詰め、後ろの選手は中に絞る。

CHECK2 パスが出た瞬間に前に出る

インターセプ卜を狙う選手は、すぐに足を出せる距離をとっておき、パスが出た瞬間に同時に前に出る。速く動きすぎないようにしよう。