スラィディングをするタイミング

シュー卜をブロックするスラィデイング

相手がシュート体勢に入って、通常のデイフェンスでは間に合わないときは、スライディングでシュートコースを消しながらブロックする。気をつけたいのはスランディングのタイミングだ。相手が シュート体勢になったからといって焦って滑ると、切り返されて逆足でシュートを打たれてしまう。シユートを打つ最後の瞬間まで慢して、「打って来る!」と思ったところで滑ろう。

シュートを打とうとする選手が、ブロックがいてもかまわず打って来るタイプなのか、切り返しを多用するタイプなのか、相手の特徴を見極めることも大事だ。フットサルではかなりの小回りのプレーが多用されます。

シュー卜コースを限定させる

スライディングにはシュートをブロックすると共に、コースを限定する効果もある。フットサルはサッカーに比べてゴールが小さいので、スライデイングによって下のコースを消せれば、ゴールキーパーはシュートが上のコースに飛んで来ると予想しやすい。また、ゴール前でのデイフェンスは足を交差させない“サイドステップ”で守るのが基本だ。足を交差させる“クロスステップ”にすると、逆方向に切り返されたときに、ターンのアクションが大きくなるので、対応が遅れてしまう。デイフェンスの基本をしっかりと踏まえたうえで、最後の手段としてスライデイングをするようにしよう。

CHECK1 相手が中に入ってくる

相手がシユート体勢に入っているが、普通に止めようとしては間に合わなさそう。

CHECK2 スライディングでブロック

体を投げi出してスライディングをして、シユー卜をブロックする。下のコースをフィールドプレーヤーが防げば、ゴレイロはよのコースだけを気をつければよくなるので止めやすい。