効率的なボールの奪い方

相手の視野の外から奪いに行く

フットサルでは、ボールを持っている選手の技術が高い場合、真正面から奪いに行ってもかわされる確率が高い。効率的にボールを奪おうとするなら、相手の「死角」からアタックすることが大事になる。具体的には、ボールを持っている選手の視野の外から奪いに行くことだ。相手がこちらの存在に気づいていなければ、無防髄な状墜になり、ボールを奪える確率は格段に上がる。

必然的に相手の背後から寄せることが多くなるが、真後ろから当たりに行くとファウルをとられやすい。少し外側から回り込むことを意識しながら、相手選手がパスを受けたほうの足の前に、自分の足を入れて奪いに行こう。

無理に奪いに行かなくていい

そうは言っても、こちらが後ろにいる時点で、ほかの選手が後ろから来ているぞ!と伝えることもあるので、完全に気づかれないことは少ない。相手が気づいてボールをブロックすれば、フィジカルコンタクトも発生するため、ボールを奪える確率は下がる。

それでも、寄せられていると相手に感じさせることで、前を向くことを止めせたり、次のプレーへの判断を鈍らせたりする効果はあるので、奪いに行くアクションを見せることはムダにはならない。ただし、相手の技術が高い場合は寄せに来たのを利用して、逆を突かれることもあるので、無理はしないほうがベターだろう。

CHECK1 相手の体勢をチ工ツク

相手が自分に背中を向けている場合、背後にいるこちらの存在に気づかない可能性が高いのでチャンスだ。

CHECK2 死角かう奪いに行く

相手がパスを受けた瞬間、真後ろではなく外から回り込む。パスを受けた相手の足の前に、自分の足を出して、ポールを奪い取る。