June 25, 2020

ゴールクリアランスのリスタートとなるセットプレー。ポジションの表示は次の通り(敵方も同様です。)①は「ゴレイロ(GOREIRO)」。②は「フィクソ(FIXO)」。③は「右サイドのアラ(ALA DIREITO)」。④は「左サイドのアラ(ALA ESQURDO)」。そして最後の⑤は「ピヴォ(PIVO)」。ポジショニングは、前線にピヴォ(⑤)、手前側に3人が並ぶものです。相手は高い位置でプレスをかけにくることが予想されます。そこでボールが投げられる前に、④が対角線上に猛ダッシュで走ります。⑤は左サイドに移動。ここで、相手のマークにより次のプレーを判断します。マンツーマンの場合④に敵③がマンツーマンでついていったので、左サイドの⑤へのスローのコースが空きます。ゴレイロはシンプルにピヴォの⑤に当て、またゾーンの場合、敵②と敵③がマークを受け渡すので、④は右サイドのスペースに走って敵②を引っ張り出します。⑤は左サイドの高い位置でスローを受けます。ゴールクリアランスでは、どのようにしてピヴォへのパスコースを作り出すかが大事なポイントになってきます。高い位置でピヴォにボールが収まれば、チーム全体のラインを押し上げられることになり、そのためには斜めのランニングが有効です。相手のマークがマンツーマンの場合は、④が斜めに走り出し、自分が最初にいた左サイドのスペースを空けて、左サイドに移動した⑤へのパスコースを作ります。高い位置でピヴォにボールが収まれば、②がサポートについたり、④が裏のスペースに走ったり、複数の選択肢が可能となってきます。相手のマークがゾーンの場合は、ゴレイロからのグラウンダーのパスコースには敵④が残っているので、浮き玉のスローを高い位置で受けるというプレーに切り替えます。④が斜めに走って敵②の注意を引きつけることによって、⑤はゴレイロからのスロー1本で決定的なチャンスが訪れます。