Uncategorized

まず、フットサルでは何でもかんでも、ボールを取りに行ったり、一発で飛び込むというのは止めて下さし、。ボールを取れればチャンスですが、そこでかわされたら数的不利が生まれて失点に直結します。相手との距離が遠いときはボールに寄せて、コースを消すだけで十分なんです。 そこで僕は「相手に犠パスを出させる」という共通認識を持つことをオススメします。相手がボールを持ったときに、まず消すのはピヴォへのパスコース。前線の⑤と③が首を振って敵⑤へのパスコースを確認し、縦にボールを運ばせないようにして、横パスを出すように仕向けます。相手が様パスを出したら、次の選手も縦と逆サイドのコースを切りながらプレス。リ合一ンが出たところに詰めれば、最初よりも有利な状況で守備ができます。そのとき、デイフェンスにとって有利な間合いだったら、積極的にポールを奪いにいきましょう!  

早い段階か5戦術を練習しでも、チーム強化という点か5はあまり得策とはいえません。個人でフリーになる重要さやタイミングを覚える意昧でも、チーム力が低い段階では、最小限の決まりごとにとどめ、オフェンスした方がいいでしょう。そうしていくうちに「あの人がことにいるから自分はこっちに動こう」といった、昧方の動きを見ての判断ができるようになります。全員が昧方の動きを見ながらプレーできるようになってか5チーム全体の動きにかかりましょう。その方が戦術の理解も上達も早くなりますよ。

point1DFにとって厄介お尻でのブロッグ DFから遠い位置にボールを置くために、半身いでホールをキープしようとするピヴオが多いが、DFからすると逆に好都合だという。「守ってて一番嫌なのが足を入れる瞬間に、お尻でフロックしてくるピヴォ。お尻でブロックされると結稿痛いので足を伸ばしにくいJとのこと。 point2ボールを動かすことで的を絞らせない DFから離れた位置にポールを置くのはもちろんだが、この時、ポールを同じ位置でキーブせず、絶えず動かす意識を持って欲しい。ちょっとでもポールが動いていると、DFは「足を伸ばした瞬間に交わされるのでは?Jという意識が働いてしまい、うかつに足を入れられなくなる。 point3腕を使うことでDFのポジションを把握 腕を使わないとDFに簡単に間合いに入られてしまい、次のプレーに移行できない。小山選手のように腕をしっかり伸ば酬明間hせば、DFのプレッシャーをはね退ける以外にも、後方にいるDFのポジションもしっかり把握できる。ちなみに、腕を使う擦は、肘から指先をDFに添えるように。

フットサルは素早い攻守の連続。 し たがって、攻めから守り、守りから攻 めの切り替えのところで気を抜いてい ては、勝負に勝つことはできない。至 極当たり前のことだが、府中アスレテ ィック FCでは攻守の切り替えの部分を 改めて重罫見して、切り替えを速くす るという約束を掲げている。 また、こうして明確に約束事を決め ておくことで、例えば個々がチームプ レーlこ迷ったときに、「攻守の切り替え を速く」と、体も意識も立ち遅れると ころがあって(更利だ。